脱毛ができない人について

MENU

長崎で脱毛したい

 

脱毛エステでの施術は光脱毛と医療脱毛より弱いパワーのレーザー脱毛そして、フラッシュ脱毛などで行われますが、これらの施術法は呼び方は違っても、いずれも光を利用して毛根にダメージを与えての脱毛法です。

 

光を当てる施術のため、脱毛エステで脱毛を受けようと思っても、様々な理由で受けられない人がいます。これは長崎だけでなく全国的にも一緒です。

 

脱毛を受けられない人には、「日焼けをしている人」というのがあります。脱毛の施術は黒い色に強く反応しますから、日焼けをして
いると熱が発生したり、肌の弱い人などは火傷をする可能性もあります。

 

火傷と同じ理由で肌の黒い人も、脱毛エステサロンによっては断られることもあります。ちなみに、シミやアザ、ほくろのある部分などは避けて脱毛が行われます。

 

また、「妊娠中」の人も脱毛できません。できない理由は、妊娠中はホルモンのバランスが崩れているため、脱毛をしてもまた、毛が生えてくる可能性が高いからです。

 

「刺青のある人」も脱毛の施術が受けられません。特殊な光が毛根部分のメラニンに反応して毛母細胞を破壊して脱毛をしますが、刺青もメラニンとして認識されしまい火傷の恐れがあります。

 

また、「脱毛する部位に傷跡がある人」や、脱毛をする前後10日間に予防接種を受けた人や受ける予定のある人も脱毛エステで脱毛ができません。長崎市で脱毛する場合はこのような事にも注意して下さい。

 

その他、「薬を服用していて医師の承諾を得ていない人」や「お酒を飲んで12時間以内の人」も施術ができません。

 

日光アレルギーのある人の場合ですが、脱毛サロンで脱毛は紫外線が含まれない光なので脱毛の施術が可能です。
ただ、光そのものにアレルギーを持っている人もいるので注意をしてください。